ending_will’s blog

脳MRI in 便所

スピーカーズコーナー

望月衣塑子 著『新聞記者』を少し読んだ。

 

2019年 映画『新聞記者』の原案らしい。

映画は観てないけどSNSで話題になっていたので少し気になっていた。

 

マスゴミマスゴミなんてよくバカにしているけど、全てのマスコミが阿呆で有害な連中だとは思っていない。

ちゃんとジャーナリズム精神をもったマスコミもいると思う。

望月衣塑子 はそのうちの一人だと思う。

 

堅苦しいイメージがあったが著書を読むと彼女のチャーミングさが見える。

普通の人だ。羨ましいくらいに。

 

本人はどう思っているか知らないけど俺からしたら恵まれた養育環境で生育されたヒトだ。

 

オキシトシン・リッチ なヒトだ。

 

とはいえ、平和ボケしておらずちゃんと強く生きている。

ほんと、羨ましいよ。

 

自分もこのヒトと同じような養育環境にいたら人並みの努力や苦労をすることが可能だったのかな、なんてことばかり考えてしまってすぐに本を閉じた。

決して恵まれすぎている側のヒトではない。温室育ちなんかじゃない。でも、なんつーか羨ましいんだ。

 

嫉妬。

 

まぁこれからも強く生きてほしいですね。

 

 

それにしても面白い名前だよな、望月衣塑子て。漫画のキャラみたい。名前からも親の良質さが窺える。

 

 

ついでに 反政府 について少し小言を零しますが

どういう訳が日本の愚かさを批判すると「反日〜、韓国人、中国人〜」などと訳の分からないことを云う頭の悪いヒト(ヒト?)がいる。本当に可哀想だなと思う。

程度の低い旧国民学校や機能不全な養育環境で育てられてしまったのだな、と。

 

ああいう視野の狭いヒトの愚行こそが日本の程度を下げていることにも気づけないのだろうか。

 

私は日本も韓国も中国も、というか東アジアの民族性自体嫌いなのですが!

現政府マンセーのヒト達って植松と同程度の頭だなと思う。

 

もちろんその頭で何を非と責めるのも言論の自由ですけど、そうすることで自身を正当化するのはどうかと思いますヨ(^_^)おじさんにはちょっと難しいカナ?😅‼

悪因悪果

 

SNSで 小島一朗の手記を得た というような記事を見つけ、気になったので読む。

 

2018年 6月9日 新幹線内で起きた殺傷事件の犯人である。

 

当日、あるテレビ番組を観ている際に速報で入ってきたことや

そのへんの女をかばって男が死んだ、みたいなドラマチックな被害者のこともあり覚えている。

 

俺もこんな風に死ねたらいいな、せめて最期くらいは賞賛されたい、ヒーロー気取りしたいなどと少し思ったものだ。

 

理想の死に方は別にあるが。

 

 

殺人事件なんかが起きると1週間くらいマスゴミのエサ代稼ぎに使われる。

家庭環境や学校、職場での様子、その他の経歴とか、近所のインタビューなんかが面白おかしく切り取られる。

近所のヒトのインタビューでよくある「挨拶もして明るく元気な〜」みたいなテンプレ、要らんやろと思うけど。挨拶できて勉強できて仕事していたら犯罪しないのかよ。

 

そして小銭稼ぎのコメンテーターやら平和ボケした市民らが理解できない、みたいなことを云う。そりゃあ理解できないだろう、お前らには。

 

愛されてきた者の意見には辟易する。

 

家に居るよりも少年院、刑務所にいる方がマシだ と心の底から思ったことがあるか?

家にいたくないから仕方なく犯罪をやる者の気持ちが分からない恵まれている平和ボケしたやつらの意見なんてうんざりだ。

 

毒親のいる機能不全な環境で飼育され続けたヒトが狂わずにいられるか。

私は小島一朗が狂っているとは全く思わないが。

記事を読めば彼は冷静に理論的に物事を考えていた。事件前も法に基づき考えていた。他者に何かを要求するときでさえ。

 

 

物理的な暴力で変えようとはしていなかった。

警察官の違法行為による被害を受けなければ、きっと法を遵守し続けただろう。

 

 

私も似たような経験があるので深く共感した。

私も今からヒトを殺しに行こうかとさえ思うほどに。

 

異常なのは彼ではない。

 

彼の親やその血縁者、また彼に対して法を無視し、理不尽な暴力を加えた警察ら公務員共の方がよっぽど異常である。

お前らのほうが病気というか障害だよ。

お前らが病院に行けよ、お前らが刑務所に入れよ。お前らが犯罪者じゃねえか。

 

犯罪者を無期懲役にすることを税金の無駄遣いと云う者がいるが、あの違法行為をした公務員らの稼ぎの方が税金の無駄である。

 

警察学校では何を教えているのだ?バレない盗撮の仕方?万引きに仕方?任意であるのに強引に車や家の中に侵入し、所持品を盗むやり方?

犯罪者養成学校なんですか?

特に神奈川県警は優秀(笑)ですからね。

 

 

まぁ、あの記事も嘘か本当か分からないけどな。よくできているから自称ノンフィクションライターがフィクションに脚色した可能性も有り得る。マスゴミが正しく伝えられるのは日にちくらいってな。

 

でも、あの手記が事実なら

 

小島一朗、君は反省も更生もしなくていい。

 

 

私は君のことを肯定する。

 

 

被害者やバカな偽善者らよ、恨むなら彼の毒親連中や違法クソ公務員連中を恨むのだな。

 

 

司法も正義も時には暴力だし違法だよ。

憲法勉強してきな。

 

精神病者監護法

『精神障がい者の自立支援にかかわって』(著者 安河内節子)という本を少し読んだ。

 

まだ少ししか読んでいないのだが、面白いなと思うことがあったのでここに落書きする。

まるで日本史の教科書を読んでいるようだったが

 

明治 17年 相馬事件 というのがあった。

 

今でいう統合失調症(当時は別の名称)と推定される者が監禁される。

それを陰謀と捉えた者が監禁した者らと是非をめぐりいざこざを起こすという事件(自己解釈)

 

当時に精神病という概念があることに驚いたが。

 

日本は長いこと鎖国していたので西洋医学も入ってきていないため、そういうことに疎い。

今でさえ疎いが

 

 

明治33年(西暦1900年)には 精神病者監護法 というものができる。 

 

「看護」ではなく、「監護」である。

 

そう、合法的に監禁することができるというものである。

(1950年、呉秀三の活躍により精神病者監護法は廃止となるわけですが)

 

 そんなふざけた法が日本で法定されてしまった頃、欧米先進国では基本的人権を法定化している。

 

 

 

そこんところを読んでいてあの胸糞事件を思い出した。

 

寝屋川市監禁致死事件

 

国内外で色んな事件があるけど、寝屋川市監禁致死事件 これは個人的にショックが大きいものであった。

 

2017年12月 日本の大阪府寝屋川市で発覚された事件である。

 

2017年ですよ。

 

1950年、精神病者監護法が廃止されて67年経っているんですよ。

 

 

 

相馬事件も寝屋川市監禁致死事件も共通して加害者は親である。

 

きっと表面化していないだけで似たような件は未だにあるんだろうなぁ。可哀想に。

 

昨年も親が引きこもりの息子を殺害して「よくやった!」などと賞賛されていたくらいだ。

 

異常なのはそちら側ではないか?と思うが、まさに是非が都合の問題である。

 

時代、法が変わっても日本人の意識はナチス党以下である。

明治からちっとも進化していない。長い鎖国のせいなのだろうか。

 

 

まだ浅学なので精神病に関する法や呉秀三について学んでいきたい、と思うけど別に俺学者じゃないしなぁ。

ああ、こういうことか。こうやって知らなくてもいいやって考えることをやめて無知であることを恥じずに無自覚に他者を傷つけていくのか。

 

自分は医学も法律も少しは学んでいるし…などと自惚れて無知であることにすら無知であることも恥だ。見ているか?未来の俺

視野と知識

ユニバーサルデザインの服とやらで袖にファスナーをつけて腕を通しやすくする、みたいなのがあった。

 

老化が進むと肩があがらなくなる。

まぁ老化じゃなくてもそういう症状になることなんた多々ありますけど。

 

そうなるとシャツやジャケットなんかが着づらいとのこと。

わかる。

 

で、袖ファスナーとな。

 

だったら袖だけじゃなくて袖→脇→裾までファスナーをつなげたらいい。

 

わざわざホールの中に腕を通させる必要はない。

 

前身頃と袖を分けたっていい。アームカバーを応用したらいい。肩や脇が露出することになるが熱がこもらなくていい。まぁ、それはインナーとしてアウターは別にケープとかを羽織ったらいい。

ジャケットに拘るならファスナーじゃなくても戦隊モノのロボットみたいにつながるようにすればいい。

 

そもそもジャップにはシャツはジャケットなんかは似合わないのだ。

 

 

そういえば服をつくりたいと思わなくなったな。

なにもかもどうでもいい。

 

“どうしても”やりたいことなんてない。

『生きてるだけで、愛』

『生きてるだけで、愛。』(監督 関根光才)のレビュー

 

ネタバレ注意

 

 

 

 

 

 

舞台を映像にしたような作品だった。

 

観終わった後調べたら原作の著者が本谷有希子で納得。

原作も昔手に取って読んだことがある。タイトルと表紙に惹かれて。

最後どころか半分すら読まなかったけど。きっと当時読んでもなんかよく分からねーって思っただろうけど。

 

ああ、映像のレビュー、

 

観ていて疲れるものだったが、わりと良かった。

本当に疲れた。

 

自分が近い経験をしていればしているほど疲れる作品な気がする。

そして気持ちを代弁してくれたり救われたりすることもない。いや、少しは代弁してくれるんだけどもやっぱり救われないよ。作中でも、外でも。

 

相互理解は幻想だ。

 

例えオキシトシンプアで同じ病気で、更に同じ特性で自分と似た何かを持っていたとしても他人は他人。

自分とは違う。

自分自身でも自分のことが分からない、なんてことがあるくらいだ。他人には尚更。まぁ、他人だからこそ分かることもあるけど、そんなのごく一部分である。

 

自分と離れたい、と思うことがある。

 

主人公は解離性人格障害ではないけど、ないからこそ辛いのだろう。もし乖離したら彼女に関わる者たちは更に疲弊することとなるだろうけど。

 

女なんて男よりも自分を捨てるというか離れるというか脱皮しやすいだろうと思うのだが。

 

脱皮して裸になった後にその苦しみを零す。

 

それにしても寒そうだったな。あのシーンが不要だというレビューもあったが、私はそうは思わない。下着姿でもよかったのでは?と思ったけど。なんなら髪も切ってよと思った。

 撮影日は寒波の時だったそうだが、別日に撮れよと思った。そのワンカットだけでも。

 

 

でも全体的に良い話だった。良い話じゃないから良い話だった。

あのバイト先の連中が良い人たちじゃなくてただの無知な犠牲者で逆に安心した。

サクセスストーリーなんて観たくない。

 

ウォシュレットでやり返すのは上手いつーか面白かった。

 

 

 

疑問点は寧子がメイクをしていたことだ。

彼女ほどの病人がメイクなんかする気力あるかね。時間の余裕つーか管理もできないはずだし。

 

 

 

主要キャストについては特に問題なし。

他の人のレビューには趣里について疑問に思っていたようだが。俺は別に。むしろ菅田将暉の方が引っかかるくらいだった。

あと仲里依紗の糖質気質のストーカー役もよかった。仲里依紗趣里が逆でも成立したと思う。逆も見てみたい。

しかしあの役は話を進めるためだけに登場させられた感があった。本谷有希子はこの本を書きたくて書いたのか?小銭稼ぎのための作品か?

 

田中哲司の役は良い人かと思ったら彼もただの人だった。立ち直りのキーマンかと思ったのに。

あと西田尚美はリアルでもあんな感じのボケのように見えた。作中で1番嫌な役だった。そう思わせる演技ができるのはすごいことですね?

 

松重さんは、なんか違うなと思った。

あの役は自民党にいそうな傲慢な感じの人がいいと思う。

松重さんと田中哲司は無駄遣いな気がした。もっと地味で嫌そうなやつがいい。新橋にいそうなおっさんみたいな。

 

そして石橋静河。お前なんなんだ?まじで。

この人がいると作品のレベルが少し上がる気がする。いるだけで。なんなんだ?

もし俺が映画つくるってなったら絶対起用したい。

 

 

 

『リリィシュシュのすべて』よりエモくて映像(画)も良かった。

 

1番良かったのはキャストでも監督でもなく音楽だった。

邪魔にならなく、引き立ててくれる。

 

 

1 音楽

2 監督

3 趣里

健康で文化的な最低限度の生活

生活保護障害年金を勘違いしている者が多い気がする。

かつての私もそうだった。

 

病気及び障害がある人が対象、と。

 

 

生活保護は健康な人にも受給する権利がある。

 

生活保護法 第二条の条文は以下の通りである。

 

すべて国民は、この法律の定める要件を満たす限り、この法律による保護(以下「保護」という。)を、無差別平等に受けることができる。
(最低生活)

 

無差別平等に、ってとこがポイントである。

つまり老若男女、健常者も障害者も、労働者も無職も、だ。

 

 

そして最低の生活というのは、小銭を数えるようなギリギリの生活ではなく、被服費とか人付き合いとかも含めての生活だそう。

 

 

そんな憲法社会保障の勉強を小中学校に取り入れたらいいのに。

俺が無学なだけ?

 

いや、大多数が無知なはずだ。だから偏見、差別が生じるのではないか。

うるせバカヤローくそが

口悪いね って昔からよく言われる

品よく知的に話すこともできるけど疲れる。マナーとかうぜえよ

 

綺麗な言葉つかってても中身が汚くて悪い人たちよりましだとおもうけどね

 

本当に悪い人たち程そうだからさ

 

NHKの悪口?